づどど

色々雑記です。

about

石津度々(いしづどど)です。

企業所属でライター兼デジタルマーケターをやっています。

会社ではウェブ広告運用、データ分析、ウェブコンテンツのライティングや、tableauを使ったBIや、ビジネスモデルプランニング、ウェブマーケティングのコンサル、営業など、総合的に色々やっています。
文章をアウトプットするライティングだけでなく、シナリオやストーリーを整備するという点で、ライターという職能は汎用性が高いと考えています。ストーリー&テリング職能を活かして稼ぐ方法を模索中。

就業時間外では、アニメ脚本や小説、ゲームなどの企画や執筆などをしています。
ビジネスモデルの構築など企画・座組を含めたフィクションを作れないか模索中です。

遍歴:卸商、物流、証券営業、不動産管理・仲介、BLウェブ小説連載、デジタルマーケティング、農業、BIダッシュボード作成、データクリアリングなど、色々やってきました。

ツイッタ:https://twitter.com/doudouishizu

ブログ:https://doudouishizu.hateblo.jp/

エブリスタ:https://estar.jp/_crea_u?c=U2FsdGVkX18xXOTc5MDkyNqvyGaNrhhwuP9UPpCD272E1



お仕事のご依頼、興味があるなど、お気軽にメールください。
3日以内に返信が無い場合は、不達の可能性がありますので
お手数ですが再度メール、あるいはツイッタDMなど方法を変えてご連絡ください。



メール:doudouishizuあっとgmail.com

【#コロナ後遺症】収入減で払わなくて良くなるお金や制度のまとめ

私は現在、コロナ後遺症で職を失い、傷病手当金で生活しています。

調べたところ、税金や社会保険料の負担が減る支援制度があることが分かりました。

同じように苦しんでいる方の手助けになればと思い、情報をまとめます。

ブレインフォグで長文が読めない方も多いと思うので、まとめ→細かい点で書いていきます。

コロナ後遺症以外にも傷病手当金で生活している人、コロナの影響で収入が減った人にも役立つと思います。

まとめ

この記事に当てはまる可能性がある人

  • 傷病手当金を受け取っている人
  • コロナの影響を受けて収入が減った人

払わなくてよくなる(かもしれない)お金

収入が減ったり傷病手当金で生活している場合、以下が免除になる可能性があります。

自治体や条件にもよるので必ず制度があり必ず審査が通る訳ではありませんが、

数十万円、負担が軽くなる可能性があるのでぜひ確認してください。

 

他にやっておくとよいこと

  • 失業保険の受取期間延長申請……働けるようになってから失業保険を貰う申請
  • 確定申告で医療控除の申告……所得税の還付
  • 他にも自治体で手当や支援制度が無いかの確認

 

どうすればいいのか?

各問合せ先に問い合わせてください。以下に問合せ先をまとめています。

私はHPで確認してから、電話して書類の書き方などを教えてもらいました。

 

問い合わせる際の聞き方・言った方が良いこと

私は以下のような感じで電話しました。

制度が分からない場合

「〇〇市に住んでいるものです。

支援制度や免除が受けられないか確認したく、電話しました。

コロナ後遺症で職を失い、収入がなく、傷病手当金のみで生活しています。

何か負担が軽くなる制度はありませんか。」

 

HPなどで詳細を知っている場合

「〇〇という制度について教えていただきたく電話しました。

現在、コロナ後遺症で職を失い、収入がなく、傷病手当金のみで生活しています。

制度は使えるでしょうか。使えるならどういう手続きをすればいいでしょうか。」

 

電話を切る前に

「他にも負担が軽くなったり、生活を支援してもらえたりする制度はありませんか? コロナ後遺症で働けず困っているので何でもいいので教えてほしいです」

 

※注意点
  1. コロナ後遺症である事を必ず伝えましょう。
    普通の傷病者向けでなくコロナ専用の制度がある場合があります。
    PCR検査を受けられずコロナ後遺症疑いである場合でも、その旨を伝えましょう。

  2. 自治体の役所は窓口ごとに担当役割が違います。
    1つの窓口だけではなく、複数の窓口に聞いてみましょう。

  3. 電話は20分~長くて1時間程度かかります。
    無理はせず体調の良い時にするか、頼れる人がいるなら代わって電話してもらいましょう。
    電話する前に、メモの用意、飲み物の用意も忘れずに。
  4. 書類は完璧に書けなくても大丈夫です。
    いったん送付すれば、足りなかったり間違っていたら教えてくれます。
    (実際わたしも何度も連絡もらって追加で送ったり再送しています。)
    少しずつできる範囲で申請しましょう。
    切手は84円切手+10円切手を多めに買っておくと安心です。

 

問合せ先と補足

自治体によることも多いため、情報に当たりやすそうな検索ワードも載せます。

「〇〇市」には住んでいる市町村名を入れてください。

住民税

住民税の減免→お住まいの自治

検索ワード「住民税 減免 〇〇市」「住民税 払えない 〇〇市」

自治体によっては制度がない可能性があります。

例:目黒区

www.city.meguro.tokyo.jp

自治体によります。締め切りが早い場合があるので、一番早めに連絡した方が良いでしょう。

 

国民健康保険

国民健康保険料の減免→お住まいの自治

検索ワード「国民健康保険 〇〇市 減免」「国民健康保険 〇〇市 払えない」

例:渋谷区

www.city.shibuya.tokyo.jp

なお、コロナの影響での制度と別に、所得が下がった人向けの制度がある場合があります。詳しくは電話で問い合わせて聞いてみましょう。

自治体により制度の有無があるのかは調べ切れていません。

締め切りも自治体によりそうなので早めに聞いてみましょう。

 

国民年金

国民年金保険料免除→日本年金機構

詳細:日本年金機構

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.html

HPは情報が多くて見づらいし、電話しようにも電話が全然つながりません。

年単位で過去にも遡って請求できるので、急ぐ必要はありません

 

失業保険

失業保険受給期間延長の申請手続き→お住まいの地域のハローワーク

検索ワード「ハローワーク 〇〇市」

例:大阪ハローワーク

jsite.mhlw.go.jp

こちらは会社を退職した方向けの手続きです。

退職後、病気ですぐに働ける見込みがない場合は、すぐには失業保険は受け取れません。失業保険は求職中であることが条件だからです。

病気が治って求職し始めてから失業保険を受給できるように受給期間を延長できます。

この手続きをしておかないと、求職しようとして失業保険をもらおうと思っても受給期間が切れてしまってもらえなくなる可能性があります。

 

「(住んでいる市町村名) ハローワーク」で検索すれば、自分の住んでいる地域のハローワークが出てくると思います。ハローワークのHPは見づらいので、とりあえず電話するといいでしょう。

「会社を退職したのですが、病気ですぐ働けないため、失業保険の受給期間を延長したいです」

と伝えればスムーズです。

 

申請期間は「退職日から1か月経過してからできるだけ早く」です。

 

確定申告

確定申告→国税庁

詳細:国税庁 確定申告特集

www.nta.go.jp

確定申告は還付申告になるので、締切に間に合わなくても5年以内なら申告できます

還付されるのは払いすぎた所得税なので、1年の間少しでも働いて収入があれば還付される可能性があります。

年始から一切働けず、所得税を一切納めていない(傷病手当金以外の収入が無かった)場合、意味があるのか? 調べきれていません。分かる方教えて下さい。

 

その他の支援制度

給付や支援制度ないかの確認→お住まいの地域の自治体のHP、暮らし相談窓口など

検索ワード「〇〇市 相談」「〇〇市 生活相談」「〇〇市 総合窓口」

例:目黒区

www.city.meguro.tokyo.jp

ここに書き切れていない制度があるかもしれません。

もしあればぜひ Twitter で教えてください。

 

補足:なぜ負担が軽くなるのか? 税金を払わなくてよくなるのか?

傷病手当金をもらっているから収入はゼロではなく、各種制度を受けられないと思っている方も多いと思います。

しかし、傷病手当金は非課税です。所得としてはゼロ扱いです。

詳しいことは難しいので省きますが、

傷病手当金しか収入がない=一切収入がない

のと同じように考えてOKです。

 

免責事項

詳細の問い合わせは自治体や年金機構などにお願いします。詳細を知っているのは自治体や年金機構です。

・筆者もコロナ後遺症療養中のため、記事に粗い点も多いと思います。ご容赦ください。間違いがあればお教えください。

・質問がある場合、筆者に聞かれても分からないので答えられません。自治体や年金機構に問い合わせてください。

・医療関係者の方からこの情報を知る方もいると思います。しかし医療関係者の方も専門外で聞いても答えられる筈がないので聞かないでください。

詳細の問い合わせは自治体や年金機構などにお願いします。

 

 

ここに書き切れていない制度があるかもしれません。

もしあればぜひ Twitter で教えてください。

 

最後に・コロナ後遺症について

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

コロナ後遺症患者の方は本当にお疲れ様です。

コロナ後遺症でない方は、ぜひコロナ後遺症への知識も深めていただけると幸いです。

コロナ罹患の経験がないと思っていても、微熱や倦怠感が続く場合はコロナ後遺症の可能性があります。

詳しい情報リンクや書籍を載せておきます。

www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp

www.longcovid.jp

 

2020年2月から2021年5月頃までの私の症状の記録もあるので、参考程度に。

微熱がもう1年半続いているはなし(新型コロナ後遺症疑いのはなし) - づどど

 

おまけ

印刷されたい方向けに簡略化したgoogledocでのデータも作りました。

体裁やデザインは整えていないので、適宜調整してください。

A4裏表で印刷できます。必要であればコピーしてご利用ください。

https://docs.google.com/document/d/1b-mvE2XwqrhtwNe3vzlOjgWEf9Gw0S2AETC3ic5ensE/edit?usp=sharing

【これだけ読めばOK】エモクロアTRPGをココフォリアを利用してPLとして遊ぶまでの覚書

友人への布教用にココフォリアを用いたPLの遊び方をまとめました。

クイックスタートルールを適用し、初心者がココフォリアを用いてプレイにこぎつけることができるまでの内容になっています。

 

とりあえずエモクロアTRPGを遊びたい!という方はこれだけ読めばOK!です。

 

エモクロアTRPGについての説明はエモクロアTRPG公式サイトからの引用・抜粋となっています。

※抜粋箇所が多いため、細かい引用URLは省略します。一部、語尾などを編集しています。

 

 

概要:ようこそ、エモクロアの世界へ

舞台

私たちの住む現実とよく似た、もう一つの世界。

超常の存在……《怪異》たちが、人々の傍らに確かに存在する世界。

それが『エモクロアTRPG』の舞台です。

 

 

エモクロアとは?

エモクロア。もしくは単に《怪異》と呼ばれる存在たち。

近づいた人間に憑依したり、あるいは干渉したりして、その「感情」を変異させます。

その人が元々持っていた感情が歪められるのか、あるいは新たな感情に支配されるのか……

 

 

エモクロアTRPGとは

感情を歪められた人間たちと《怪異》が巻き起こす様々な事件、そこで紡がれる物語。

事件に巻き込まれる「登場人物」を、あなた自身が作り、操り演じ、物語を当事者として体験するのが、この『エモクロアTRPG』というゲームです。

 

TRPGとは

テーブルゲームのジャンルのひとつ。

プレイヤーが架空のキャラクターを作り、登場人物としてロールプレイしながら即興演劇のように物語を紡いでいく会話型ゲームです。

キャラクターの行動が成功したか失敗したかなどを決めるのに、ダイスなどのアナログな道具を使うことが特徴です。

 

※マダミスとの違い

マーダーミステリーはTPRGの1ジャンルです。

マダミスでは基本的にキャラクター設定は決まっています。行動も細かく決まっており、情報もカードなどで提示されるのが基本です。流れが決まっているのでプレイしやすさが魅力です。

一方、TRPGは自由度が高く、キャラクターも自分で設定できます。情報や行動もプレイング次第という自由さが魅力です。

ゲームの参加者

このゲームの参加者は2つの役割に分かれます。

 

・PL(プレイヤー)

・DL(ディーラー)……ゲームマスターGM)にあたる役割

 

物語の主役となるキャラクター「共鳴者」を作成し、ロールプレイをしながらゲームをプレイします。

DLはシナリオを準備し、  配布・販売されているシナリオを使用したり、あるいは自分でシナリオを作ることもできます。

DLは、セッションの中での全ての判断権限をもつ「親」のような役割です。

そのセッション中、PLはゲーム上の判断をDLに従うようにしてください。

 

※ルールブックに記載されているルールとDLの判断が矛盾した場合は、そのセッション内においてはDLの判断を優先するようにしてください。

 



プレイまでの流れ

用意するもの

・パソコン・タブレット……モニターで資料を読むため

・ルールブック……公式サイト https://emoklore.dicetous.com/rulebook/

キャラクターシート……作成ツール https://emoklore.charasheet.jp/

・通話ツール……discordなど

細かいルールはルールブックを読みましょう。

 

1.キャラクターを作ろう

キャラクター作成ツールを使います。

https://emoklore.charasheet.jp/

googleアカウント OR Twitterアカウントでログイン→シートを作成する

 

基本情報

主に名前・職業・性格・好きなもの/嫌いなものを決めよう。その他の項目は埋めれればキャラの解像度が高まって良い。

f:id:doudouishizu:20210627190146p:plain

能力値

身体~社会の7項目に25ポイントを割り振ろう。ランダムでも良い。

運勢はランダムで振る。

 

f:id:doudouishizu:20210627190202p:plain




共鳴感情

以下の中から選択して表・裏・ルーツにそれぞれ1つずつ入力する。

 

表……外面に出ていたり、人から認識されていたり、自身で認識していたりする感情。

裏……内面に潜む隠れた感情。秘められた、あるいは自身も自覚していないような感情。

ルーツ……今の人格形成の起源となった感情。あるいはもっとも根源的な感情。

 



技能

クイックスタートルールを適用し、省きます。省いても問題なく楽しめます。

クイックスタートルールでは、共鳴者作成の手順のうち [3]能力値を決める以降の全てを省略します。

そして全ての判定を「ベース技能」と〈∞共鳴〉のみで行います。

 

入力が終わったら

保存

チャパレ→コピーする

閲覧→閲覧URLをDLに送ろう



2.ココフォリアのキャラ設定をしよう!

ココフォリアにアクセス

DLからURLをもらおう

 

マイキャラクターを作る

マイキャラクター一覧をクリック→+ボタンで追加

キャラクター情報を入力



名前

 

HP……現在値を入力

MP……現在値を入力

SAN→共鳴値に変更、初期値1

 下にラベルを3つ追加し、欲望を3つ入力

 


チャットパレットに、キャラクター作成ツールのチャパレでコピーした内容を張り付け

3.ダイスの振り方 練習

f:id:doudouishizu:20210627190350p:plain



キャラクター選択(名前の左のアイコン)で自キャラクターを選択

チャットパレット(名前の右のアイコン)をクリック

以下のように技能ごとにダイスコマンドが用意されている。

 

※1:1DM<=6 〈*格闘〉の意味

〈*格闘〉技能の判定のため、ダイス1個をふって、6以下か判定するという意味

ダイスを2個にするには2DMに変える


※2:共鳴

{共鳴}DM<= 〈∞共鳴〉

{共鳴}……表・裏・ルーツのうちどれかが怪異と共鳴する場合、2 それ以外は1

<= の右に、都度の状況の数値を入力

例 1DM<=5 〈∞共鳴〉

 

4.プレイしよう!

DLの指示に従い、プレイしましょう。

楽しいです。

 

まとめ

ココフォリアを用いて、とりあえずエモクロアTRPGを遊べるためのまとめです。

キャラクターは詳細や技能を詰めて細かく作った方が楽しいと思います。

でも、ひとまず遊んだほうが楽しいと思うので。

シナリオは無料で配布されています。

新約・きさらぎ駅をDL、PLともに完全初心者4人でプレイしましたがとっても楽しめました。他のもプレイしたいと思います。

emoklore.dicetous.com

 

ポルノグラフィティドラフト選手権 ルール概要

企画概要

ポルノグラフィティの曲をドラフト指名して、最強の推しイメージアルバムを作ろうという企画です

 

ポルノグラフィティドラフト選手権 レギュレーション

テーマ:推しのイメージアルバム
人数:3~6人
GM:不要

時間:4人の場合感想戦含め3時間程度、人数によって時間を要調整

進行順

1.順番決め

くじで発表順を決める

2.推しプレゼン(1人3~5分)

順番に、今回推す推しについてプレゼンする。

この際、プレゼン資料を使用しても良い。

3.ドラフト指名1巡

順番に自分の推しイメージアルバムに加えたいポルノグラフィティの曲を指名する。
※指名が被った場合、公正にくじで決める。
※くじで外れた人は、新たに曲を指名する。更に被った場合はくじを引き、被りがなくなるまで行う。

4.ドラフト指名2巡

順番を逆順に変え、3の手順を行う。

5.ドラフト指名3~6巡

各自が6曲指名できるまで、3~4の手順を行う。

6.インターバル(40分程度。延長しても良い)

獲得した曲を組み合わせ、推しのイメージアルバムを完成させる。

7.プレゼン((プレゼン10~15分+採点5分)×人数)

順番に推しのイメージアルバムのコンセプト、こめた思い、推しへの思い、アルバムタイトルを述べる。
プレゼンター以外の者は質問・相槌・共感・拍手などをしても良い。
プレゼンが終わったらプレゼンター以外の者は一言感想を述べ、10点満点で点数をつける。採点基準は各自任意だがリスペクトを忘れずに。

8.結果発表

点数を多く獲得したものが優勝。

※多くの場合、全員が満点なので全員が優勝になる


ルール

・相手と相手の推しへのリスペクトを忘れずに。
・地雷には気を付けて。地雷がある場合は先に述べておく。
・小道具の持ち込みなど一切を許す。
・時間は目安、推しへの愛に時間への配慮など不要。

 

開催してみた感想

めっっっっちゃ楽しかった。

 

今回、大会までの事前準備期間として、1か月を設けた。

プレゼン資料を作っている時間、ポルノグラフィティの曲を聞きこんで推しイメージの曲をピックアップする時間、歌詞をノートに書く時間、すべてが楽しかった。他の参加者がプレゼン資料を用意したり、4thアルバムまで製作したり、焦りを感じるのも楽しかった。

 

大会当日、まず個々の推しのプレゼンを聞くのが楽しい。話すのも楽しい。推しについて語る時間、聞く時間は素晴らしいものだ。

他の参加者の推しについて詳しくなくても、プレゼンによって興味が出る。このプレゼンにより該当作品を購入する人多数。素晴らしい。私もプレゼンされた作品を読み返そうと思う。

 

ドラフト指名も楽しい。今回は被らなかったためくじにはならなかったが、後に指名する予定の曲を先に指名されるなど、変更を余儀なくされる場面がある。負けねえ。楽しい。

 

指名後、アルバムの曲順やタイトルを考える時間、これも楽しい。素晴らしい。非常に悩ましく濃い時間だ。推しについて真剣に考える時間は尊いものだ。

 

そして最後にアルバムについてプレゼンする時間、それぞれがそれぞれの推しへの思いを語る素晴らしい時間だ。推しについて最初にプレゼンされているから、どういう理由でドラフト順を決めたのか、どういう理由でこの選曲なのか、非常に分かり易く聞くことができる。楽しい。さらに、ポルノグラフィティの知らなかった曲について知れる。楽しい。

 

全体通して非常に楽しかった。

 

次回はking gnu縛りでドラフト選手権を行う予定だ。

ポルノグラフィティは曲数が多く指名が被らなかったが、king gnuは曲数が少ないため被る。ドラフトが熱くなること間違いなしである。楽しみである。

 

参考資料

今回プレゼンで使用した推しのプレゼンを残す。

https://docs.google.com/presentation/d/1ZDgF_dru3o_gZbJvY8YPsxw-REzGK8oQMSxj9d6wog0/edit?usp=sharing

微熱がもう1年半続いているはなし(新型コロナ後遺症疑いのはなし)

調子がすこし良いので、リハビリがてら備忘録を書きたいと思う。

 

 

結論:微熱・倦怠感で困っていたら専門医をぜひ受診して

まず結論を言うと、もし微熱・倦怠感が続いていておかしいな、という人は、コロナになった覚えがなくても一度コロナ後遺症を疑ってみて専門医に受診してみてほしい。

体力回復のために運動しよう、というのは逆効果らしく、そのせいもあって私は数か月寝込んでいる。

数か月寝込む羽目になる前に、専門医に相談してみてほしい。

 お世話になっている先生が本を出されたのでこちらを読んでみてもいいかもしれない。

わたしは専門医じゃないので、専門医の判断を仰いでみると解決に近づくかも、としかいえないのですが……。

 

 

現在の症状

現在の症状は、以下のような感じである。

病院では新型コロナ後遺症疑いだが抗体検査などをうけていないので確定診断はできず、慢性疲労症候群/線維筋痛症という病名をもらっている。

休養・漢方薬・サプリ・EAT治療などで徐々に回復してきている最中。

微熱

36.8~37.2度ぐらい。普段は35.8程度だったから高め。

疲れやすさ

5分歩いただけで息切れ、寝込むことも。ちょっとキッチンに立っただけで疲れて座り込む。発症前は1時間ぐらい余裕で歩いていたのでやばい。

全身のだるさ・痛み

だるさが極まって重すぎて痛い、という感じ。全身の筋肉が痛い。

思考力の低下

微熱でぼーっとしていて頭が回らない。集中力のいる本や映画はだめで、なろう系や昔読んだ漫画など展開が分かっているものなら楽しめる。

不眠・過眠

寝れない。寝たらすごく寝る。日による。

脱毛

抜け毛が若干増えてきた。

   

症状経過の覚書

あらすじ:2020年2月末、微熱が出てちょっと咳が続く。その後、咳は収まったが、微熱・下痢・倦怠感が1年以上続く。下痢は途中で治ったが、初期症状から1年半経った2021年5月現在、微熱・倦怠感などが続いている。

以下、詳細をしたためる。

 

2020年2月 初期症状

初期症状が出たのは、昨年2020年2月25日であった。

まだ世間はなんとなく他人事で、クルーズ船や外国での話のようにみんなが思っていたころだ。

普通に会社で仕事をしている最中、突然咳が止まらなくなった。上司たちの「コロナじゃないの~」という冷やかしも、まだまだコロナが自分事化していなかったことを思い出させる。

まさか自分がコロナだとは思わなかったが、念のため早めに帰宅して自宅作業に切り替えた。

家に帰って測ると37度程度の微熱が出ていた。普段は35度台で36度あると高め、といった低体温人間なので珍しい発熱である。また、下痢もしていたが、普段からお腹が緩い性質なのでこれは問題には感じなかった。

エドワードゴーリーの「おかしな二人」で、「その頃には死ぬまで続く風邪をひいていた……」というような描写がある。あの文言をひどく怖く感じたものだが、まさか。

 

次の日、26日は特に咳も時々出る程度になり、微熱程度は気にせず出社した。

27日~28日は土日で休み。咳は出るが、特段問題ではなく、微熱は出続けていた。

29日~31日は在宅勤務だった。

 

2020年3月~4月中旬 在宅勤務、咳や微熱、立ち眩みなど

1週間後、3月1日、さすがに咳や微熱が続くのでおかしいと思い、コロナのコールセンターに電話したが、パンクしていてつながらない。仕事もあるので諦める。

症状変わらず1か月経ち、空咳・微熱・下痢、4月6日、医者にかかるのも不安な時期であったし、コールセンターは相変わらずつながらないので、電話診療してくれる漢方薬局に相談・処方を受ける。11月に転職したばかりで、かつ慣れてきたばかりの職場がさらに在宅勤務という慣れない環境になったために、ストレスで自律神経でも乱れているのだろう、という考えだった。

 

4月8日、起床後嘔吐。4月9日も同様。胃の気持ち悪さ、下痢、頭痛などがあり、薬を飲んで少し寝る。

在宅勤務でフルフレックスのため、多少朝体調を崩して勤務開始が遅れても問題なかった。(後で考えると、問題ないゆえに無理ができすぎたのかもしれない)

 

4月10日、3週間もたつと咳はほぼおさまっていたが、たまに咳き込む。微熱・下痢は相変わらず、このころから熱での疲労か、眩暈やたちくらみ、立ち上がったらふらついて座り込むことも多数。

 

2020年4月中旬 ようやく受診

4月14日、ようやくコールセンターに電話がつながる。電話で予約してから近所の内科クリニックを受診。微熱でぼーっとしながらも、全身重装備で迎えてくれたお医者さんに申し訳なくなる。たぶんコロナじゃないのに……と思っていた。診察結果も、レントゲンの結果で肺炎にはなっていないのでコロナでは無かろうとのこと、下痢の方を重く見られ、胃腸薬をもらう。

血液検査ではCRPの値だけが0.8と若干高く、この値は今後もずっと高いままでいる。

 

4月15日、ふらつきがやばくて換気。咳出る。嘔吐。昼食全部でる。吐いたらちょっとすっきり。

この頃から吐き気、貧血、食欲不振がある。

 

4月21日、腰痛。病院に行き、抗生剤を処方される。少し元気になったが、微熱は続いている。

 

4月22日、体がだるくむずむずして眠れない、食後だるさが増す、ふらふらして精神的にも参ってきて泣きそうになる。

高くても熱は36.8~37.4度である。

 

5月中、症状変わらず(微熱、下痢、不眠、めまい、食欲不振、倦怠感、たまに腹痛)、度々内科に通って検査や違う薬を試す。主に下痢に向けての処方。

6月頭まで詳細な症状を記録していたが、あまりに変化がないので記録を放棄。

 

2020年6月~7月 複数の検査をしても原因分からず

6月~7月、症状変わらず、内科では下痢の方を重く見て、腹部超音波検査や大腸カメラなどを試す。CRPが高いこと以外、問題見つからず。

体の色々な部分を検査し、次は原因が見つかって治療ができるかも!と期待しては、異常がなく治療ができない、の繰り返しで、精神的にも参ってくる。

 

仕事中も微熱のままなので、当然に普段よりもコンディションが悪い。仕事もミスが増え、気を付けようにも集中できない状態が続ていた。

ミス以前に、業務も普段の3倍ぐらい時間がかかってしまい、在宅勤務なので少し休んで寝てはまた仕事をして、時間がかかるので深夜まで仕事をして……と、悪い循環になっていた。が、とかく微熱でぼーっとしているので、悪い循環であることも気づけなかった。

上司に、「体調が悪いというが、勤務記録をみたら深夜まで働いている。本当に体調が悪いのか疑ってしまう」と言われ、ようやく勤務時間がおかしいことに気づいたぐらいである。

 

2020年7月末 大病院に入院

7月末、下痢のせいで消化器が荒れて炎症が起き微熱に繋がっているのでは?という仮定のもと、大病院を紹介され、受診。

医者に「即検査入院ね」と告げられる。

なぜ!? 現在までで一番納得いっていない診断である。

突然入院するも、胃カメラや大腸カメラなどクリニックで行ったような検査を行い、問題がないので治療ができないという。本当に納得がいっていない。

体には問題がないので精神的なものではないか?と心療内科を勧められる。

 

病院にも頼れず、既に5か月ずっと微熱・貧血状態でフルタイムで仕事をしていた疲労もあり限界で、退院後も1か月半休職することとなる。

 

2020年8月~10月 休職、からの復職

1カ月半の休職で、ある程度楽になった。下痢は治り、9月半ばには復職する。心療内科から体力をつけるようにというすすめもあって、在宅ではなく通勤で勤務を開始する。

9月~10月、しばらくは元気に通勤できていた。

11月になって、業務量を徐々に増やそう、というぐらいには回復していたように見えた、が、徐々に症状がぶり返す。体温を測るとしょんぼりしてしまうのであまり測っていなかったが、測ると微熱が出ていた。

 

2020年11月~12月 微熱再び、症状悪化

11月から12月にかけ、年末に向けて業務が立て込んだのもあり、疲労も仕事も限界になっていく。

転職してすぐに普通にできていたようなこともミスを繰り返し、しかし会社も繁忙期で人手が足りず、休むと迷惑をかけるのでとにかくやれるだけ仕事をして、寝る、が微熱で寝るに寝られず、というような生活だった。

その頃、心療内科には通い続けていた。しかし体調は心療内科ではどうしようもないから内科などに行くように、と言われる。なんだそれ。

とはいえ、大病院でさえもう打つ手なしと言われた訳だし、検査を重ねて問題ないと言われる繰り返しが精神的にきつすぎた。途方に暮れる。暮れるが、疲労は限界になり、寝込む時間が増えていく。

 

2020年12月末 まじで限界になる→新型コロナ後遺症専門医に受診

年末、まじで無理になる。どれぐらい無理かというと、熱で頭が回らず座っているのも精一杯なぐらいだった。

上司に、体調が悪いのは分かるがフォローできるリソースがないからとにかく今ある仕事だけ今日は頑張ってくれ、と言われて、もう本当に頭がのぼせたまま仕事を終わらせて、15時ぐらいに早退した。本当にふらふらで歩けなかった。

 

ネットで、コロナ後遺症で微熱や倦怠感などを訴える人がいる、困っている方はぜひ受診を、というクリニックがあった。いやまさか、レントゲンでも肺炎にはなってなかったし、と、それまでスルーしていた。若干、ウェブサイトのSEO対策がしっかりしすぎていて、うさんくさかったのもある。

でももうどうしようもなかった。本当に無理だった。藁にもすがる思いでクリニックに駆け込んだ。会社から徒歩5分ぐらいのところにあった。

 

37度ぐらい熱があったと思う。ちょっと熱が高いから、待合室は別室で、と言われ、窓際の席に座って待っていた。受付の方に、「症状的に院長先生が専門だけど、1時間以上待つことになるけれどもどうする、他の先生ならもう少し早いけど」と問われ「なら他の先生で……もう何でもいいけど楽にしてください」と頼む。他の先生が問診に来てくれて、その後、たぶん院長先生の方が良いと判断されたのか、院長先生に通された。

「あー、微熱、倦怠感、そういう人おおいですよ、僕たくさん診てますよ」

はじめて、症状を分かってもらえた。検査を繰り返すのだけじゃなくて、治療ができる。ほっとした。うさんくさく思ってごめんなさい。

「仕事してるの? フルタイムで? あなた気力だけで動いてますよ、今」

その頃、もう、ミスなどが増えすぎて、気力が足りないのだ、という根性論で動いていたので、気力だけで動いていると言われて、気力足りてるんじゃん、と泣きそうになった。

「治るものですか」

「分かりません、まだ未知のことが多いので。でもちょっとずつ楽にはなりますよ」

治る、と言われなかったのは、絶望ではあったが信頼できた。

 

2021年1月~5月 寝たきり→徐々に回復

その後、もう完全に寝込んでしまって、1月~3月ぐらいは通院以外はずっと寝込んでいた。寝込むというのは文字通りで、本当に食事の準備とトイレぐらいしかベッドを立てないぐらいだった。

定期的に通院・治療して、4月、5月と徐々に寝込まない時間も増えてきている。

まだまだ体調は駄目なのだが、今、5000字程度書けているので、ちょっとは回復しているのだろう。うれしい!

このままちょっとずつ回復してくれると良いのだが。無理せず、徐々に、である。

 

病院めぐりをしての所感

漢方薬局、内科クリニック、大病院、心療内科と色々と受診してきた訳だが、ようやく治療してくれるクリニックに出会えて幸運だと思う。

大病院で突然「明日入院ね」と言われた時と「問題ないから退院して良いよ」と言われた時が一番絶望だった。ていうか内科クリニックでやった大腸カメラ、大病院でもう一回やる必要絶対なかっただろ! 大腸カメラは前日下剤飲まされてめちゃくちゃお腹痛いし、カメラ入れるのもめちゃくちゃつらいんだぞ!!!!

心療内科も、確かに精神的に参ってはいたが、心療内科の薬のせいで無理に頑張れ過ぎちゃって症状が悪化したのではないか?という疑問が残っている。あくまで疑問だが……

 

再・結論:早めに受診した方が良い!!!

ということで、もし長期的に続く微熱・倦怠感・疲労感・息切れ・熱っぽさ・めまい・貧血、などで悩んでいる方がいたら、精神的なものと思わず、一回専門医を受診してみると良いかもしれない。

お世話になっている先生が本を出されているので、こちらを見ても良いのかも。

わたしは専門家じゃないから、断定はできないが、困っている人が情報に辿り着くきっかけになれば幸いである。

 

 

読書感想文または文章の書き方において重要かつ忘れられている構成について

読書感想文とか作文教育について言いたいこと。

 

文章の要素

プロのライターでも、依頼(テーマ)に合わせて
・文体
・構成
・内容
は予め調べてから書く。
ここで、よく抜け落ちるのが「構成」である。

 

文体は作文においては「である調」か「ですます調」の二択だろう。なので特に問題にはならない。※1
内容は読書をした感想である。これは読書感想文における主課題なので小中高生に考えてもらう部分である。

 

問題なのは構成である。

そもそも、文章を書く目的とは何か? 

思索の一助という人もいるだろうが、大抵において文章の目的は伝達である。
伝達を簡便にするためには、書く人・読む人両方が定型文を知っており、要点をあてはめて書くと伝達が速い。
伝達においては読み手と書き手双方が知っている定型文(構成)が有効なのであって、オリジナリティを発揮されると迷惑だ。
優れた構成とは、世紀の大発明(小説の叙述トリックとか)を除けば、社会で洗練された伝達技術(メールの定型文とか)だ。

小中高生に独自の発明を求める必要はないし、学校教育ではむしろ既存の構成をたくさん覚えさせた方が後々役に立つ

 

読書感想文での無茶ぶり

文体(である調・ですます調)とテーマだけ指定して作文を書かせるのは無茶だ。

文体・課題図書だけでなく、テーマに合わせた構成を指定することで、読み手がどう読みたいのか(How)が伝わる。読み手がどう読みたいのかが分かったら、ようやく書き手である子供たちは内容(what)の調査・研究・思考にいたれるのだ。
この調査・研究・思考にこそ自由があるのであり、「らしさ」があるのではないかと私は思う。
Howとwhatを混同して、howを教えずに自由に作文を!などというのは、逆にwhatを制限しているような気がする。

 

で、どういう構成が良いのかというと、


①「~~」という本を読みました。(タイトルの提示)
②この本は~~という内容です。(要約)
③中でも、◎◎という部分が気になりました。(独自の視点)
④◎◎から、~~という経験を思い出しました。(過去)
⑤あの時~~した方が良かったと思います/あれは~~ということだったのですね。(本を読んだことでのきづき・成長)
⑥この本にであえてよかったです。これからは~~に気を付けていきたいです。(未来)
とか書いておけば大体いける。


例文

「ももたろう」という本を読みました。
この本はももたろうが動物を仲間にして鬼を退治するという内容です。
中でも、動物を仲間にするときキビ団子を渡すという部分が気になりました。
お母さんもわたしにおてつだいしてほしい時に、おかしをくれるのを思い出しました。
相手におねがいごとがある時、おかしをあげると良いとわかりました。
この本にであえてよかったです。これからは相手にちゃんとおかしをあげてからおねがいをするように気を付けていきたいです。


読書感想文を書くには心根が腐っていたが、たぶん子供たちなら純粋な内容を当てはめてくれるはず。

 

 

※1

文体補足:プロの仕事の場合、メディア(掲載媒体)に合わせて文体を変える必要がある。たとえばファッション系のテーマだとしても「夏色コーデはキラキラがマスト! プチプラコスメにラメ激盛りで恋敵(ルビ:ライバル)に差をつけちゃお☆」なのか、「フランスセレブが実践している最新トレンド。トラッドに決めた地中海風コーデで海風を感じて」なのか、で大きく違う。好き勝手書いていい小説でも、やはり同様にテーマに合わせた文体表現は口語調が良いのか、一人称が良いのか、はたまた固い方が良いのか、工夫の余地がある。
とはいえひとまず作文は「である」か「ですます」で書いておけばよいのである。

 

※2
文章を書く目的で、思索のために書く人もいるだろう。この場合、読み手がいないので定型文は必要ないかもしれない。
ただ、思索においても定型文に当てはめる方が考えが整理されやすいこともあるだろう。

くわしくは考具を読もう。

 

考具 考具シリーズ

考具 考具シリーズ

 

 

不審者か熱中症患者か分からなかったので110通報したはなし

タイトルの通りの話です。

 

昨日夕方ごろ、マンションの駐車場の影になっている部分に、男性が寝ていました。倒れているというより、壁にもたれかかってぐっすりおやすみでした。

 

私の頭に浮かんだ選択肢は2つ。

熱中症で日陰に避難したけれども悪化しぐったりしているのかもしれない

 →放っておくことはできない

・ただの不審者で、声をかけたら最悪危害を加えられるかもしれない

 →声をかけるのも怖い

 

熱中症でない可能性も高いため、救急要請はなんか違うと思い、警察に相談することに。

でもこんなことで110に相談していいか分からん、というわけで、とりあえず#9110に連絡しました。

#9110は相談するべきほどか……?ということを判断してくれる電話です。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/3.html

ちなみに、#9119は救急車を呼ぶべきか判断してくれるので、けがや病気で不安になったら電話すると良いです。

 

 

#9110

でんわ(やさしいおじさん)「どうされましたか~?」

わたし「不審者がいまして……でも熱中症で倒れてるだけかもしれなくて……」

でんわ「いつ見かけました? 今?」

わたし「いまです」

でんわ「110してください、しちゃっていいですよ~!」

わたし「わかりました」

 

#9110にオッケーをもらったのでさっそく110しました

 

110

でんわ(あかるいおじさん)「事故ですか事件ですか」

わたし「事件?でしょうか、不審者です」

でんわ「はーい。今いますか?」

わたし「今、マンションの駐車場にいます。寝てるのか、熱中症で倒れてるのか分かんないんですけど」

でんわ「はいはい。住所教えてください」

わたし「(じゅうしょ)です」

でんわ「わかりました。行きますね。念のためお名前と部屋番号おしえてください」

わたし「(ほんみょう)です。部屋番号は〇〇です」

でんわ「はーい。お部屋伺った方がいいですか?」

わたし「いえ、倒れてるひとを見ていただければ大丈夫です!」

でんわ「わかりましたー」

 

その後どうなったかわかんないのですが、一人で声がけしたり、放っておいたりするより良い対応ができたのではないでしょうか。

 

備忘まで。

広告と日常体験の境界、あるいはパッケージ化されたエンターテイメントと体験の強度について

ある集団の炎上(集団がいうには「炎上商法」ですが)により、今まで考えていたことと関連するので書きます。彼らのやったことに対しては触れません。

 

 

広告宣伝活動として、インフルエンサーマーケだったり、一般のSNSに紛れ込ませたり、「日常体験」としての広告は増えています。そして、マーケターは生活者の日常体験をより面白く啓発するための企画を日々考えているわけです。

商品やサービスを買わせるための広告ではなくて、商品やサービスを認知し、情報収集し、検討し、購入し、そこからシェアするための導線づくり、全体の消費者体験を形作るのが現代のマーケティングです。(AISASとかAIDMAとかで検索すると良いです。電通さんの提唱してるセオリーです。)

ていうかそもそも4Pから考えると、商品やサービス自体も体験の一部として考えられて、体験のための商品・サービス開発から行うのが最も正しいマーケティングです。

 

 

 

雑にわかりやすくします。

週刊少年誌の漫画は、漫画19ページないし、コミックス1巻分の「面白い漫画」が商品ではあるのですが、生活者が受ける体験は「面白い漫画」の面白さだけではありません。

毎週決まった曜日に週刊誌を買うこと。紙のにおい。部屋に積まれた雑誌。あるいはスマートフォンに配信される漫画。

掲載順位というエンターテイメント。巻末のコメント。

コミックス派の人は、ネタバレをSNS上で避けつつ発売日を待つこと。

新刊発売日には本屋に行くか、コンビニで売ってるのを見かけてうれしくなって購入して、感想をSNSに書き込んで、友達と盛り上がったり。二次創作をしていいね!をもらったり。

「面白い漫画」を軸にして、多様な体験があります。これがすべて生活者が享受する「面白さ」です。

 

 

 

んで。

週刊少年誌というシステムはある程度日常への浸食に成功しているわけなんですけど、その中身の漫画だったり、映画だったり、小説だったり、というのはパッケージされてます。

「面白い漫画」に関連する体験は日常に浸食していても、「面白い漫画」は、少なくとも読者に読まれるまでは、日常を侵食しない。

普通、エンターテイメントというのはパッケージされているものなのです。なので、「この作品はフィクションです」というのが成り立ちます。

 

 

それを、マーケティングの側は外側から破壊しようとする。それは一側面から見れば正しい破壊ですが、エンターテイメントのパッケージは果たして耐えられるのでしょうか。

たとえば、企業公式ツイッターなどは「面白い」「親しみやすい」というキャラクターをもって、日常に浸食します。これは割と受け入れられて、企業公式ツイッターというエンターテイメントは日常に馴染んでいる。

 

マーケティングは生活者の日常とエンターテイメントの間にある境目を意図的に壊そうとしています。壊して、馴染み、生活者の日常に溶け込むこと、日常体験の一部になることがマーケティングの最上位の成果ともいえる。

 

 

これから、マーケティング、広報、PRはもっと「楽しいこと」を仕掛けてきます。たぶん。毎日めちゃくちゃ頭の良い人たちがいろんなPR手法を企画して、どう面白い体験をしてもらうかを考えている。めちゃくちゃ頭のいい人たちが、しかも、「広告宣伝費」という予算枠を持った人たちが、です。

 

 

 

従来のパッケージ化されたエンターテイメント、映画、小説、ゲーム、漫画、そういったものたちの弱みはパッケージ化されていることです。

絶対的な「この物語はフィクションです」。

小説やコミックスは読まれない限り読まれない。購入されても、積まれるかもしれない。映画だって、席についてもらって2時間座りっぱなしでいてもらわないといけない。ゲームは起動してもらわないとチュートリアルが始まらない。ましてやすべてエンディングまでの道のりは遠い。

エンターテイメントの側から日常に溶け込むのが非常に難しい。というのでナラティブな作品作りとか、新たな宣伝手法とか、色々四苦八苦している訳なんですけども。

 

 

つまり、パッケージ化されたエンターテイメントは、体験の強度が、なりふり構わず日常を侵食する広告に負けるんですね。広告がもっとエンターテイメントを取り入れて、生活者の体験を面白くしてきたら、恐ろしいですけれどもパッケージ化されたフィクションが不要になるかもしれない。ゲーム理論が発達して生活自体が娯楽化してしまう、させてしまうことも可能である、ということですね。ガッチャマンクラウズを見ましょう。

生活者が娯楽を求めない世界。

娯楽としての「体験」が広告で賄われてしまう世界。

まあそこまで完璧なマーケティングが世界全体で行われるのはSFなので、ないんですけど。でもまあなくはない。

 

 

 

で、ここから3つぐらい考えられることがあると思っていて。

 

 

まず1個目。

絶対的な「この物語はフィクションです」は強みにもなります。

冒頭触れた炎上していた事件ですが、あれは批評として映画や動画にしていたら全くもって炎上しなかったでしょう。それは批評という表現だからです。

つまり、パッケージ化することで、日常と分かたれているということで、批評性を持ちます。フィクションの中で表現の自由を広げられる。現実に起きている問題をあらゆる面から批評できる。これはパッケージ化のメリットです。

 

これは、生活者と馴染ませた広告の領域ではけして表現できない表現内容です。生活者の領域に食い込んでいる広告では、体験の強度が強すぎて、表現したら炎上します。

 

広告領域でも、意見広告としてうまくやれば企業イメージの向上として扱われるんですけど、めちゃくちゃうまくやらないといけません。あまりまねしない方がいいです。大体炎上してるし。

 

ということで、1個目はパッケージ化することで「批評」ができる、ということ。

 

 

 

2個目。

パッケージ化されたエンターテイメントをこころざすひとが、マーケターになっちゃえばいいんじゃない?ということ。

 

パッケージ化されたエンターテイメントは、それ自体が商品であるので、売り上げが収入です。なので色々制約とかが発生するんですけど。

マーケティングにかかる費用は「広告宣伝費」という名目です。簿記は便利なのでぜひ勉強しましょう。

広告宣伝費って最近ピンチでありチャンスなんですけど、「マス媒体が機能しなくなっているので何に使えばいいかわかんない」状態なんですよ。新聞・テレビ・雑誌なんかに今までどーんとお金(何百万~何千万)をつぎ込めばある程度のimpがとれて、売り上げが上がっていた。

しかも、何百万~何千万という広告宣伝費を使えない企業も増えてきた。というかむしろ使わなくてよくね?って企業も増えてきた。

んで、代わりに、ちゃんとしたブランディングストーリーだとか、ターゲティングだとか、いかに生活者に届けるか、どの生活者に届けたいか、どういう物語で語るべきか、どういった体験を届けるか、という問題が俎上に上がっているわけです。

 

ほら、ストーリー&テリングとか、映画・漫画・小説・ゲームなど、パッケージド・エンターテイメントを志す人の十八番じゃないですか?

 

 

ていうわけで、エンターテイメントを志す人は、パッケージド・エンターテイメントはもちろんなんですけど、糊口をしのぐ方法として、マーケティング領域も選択肢にありますよ、というのが2つめ。

 

 

 

3つ目。

パッケージドエンターテイメントも、パッケージを破ってしまってもよいのでは?ということ。

物理的にビニールを破るとかではなく、本や映画、漫画という媒体自体がアイテムとして機能するような。

 

私的な体験談です。

前に、二次創作なんですけど「作中キャラクターが書いて出版した本という体の同人誌」を発行したんです。そしたら、買いに来てくれた方が「この本を作ってくれてありがとうございます!」と言ってくれた。まだ中身なんて1Pも読んでないのに、です。つまり買ってくださった方は「作中キャラクターが書いて出版した本」が欲しかった訳で、確かに、キャラが書いた本が実際の本棚に並ぶの、めちゃくちゃうれしくないですか。私も欲しかったので作りました。

みたいな。

そういう包括的なエンターテイメントとして、メディアミックスとはまた違う、プロジェクトとして考えられると面白いですよね。

 

というわけで、3つめとして、面白い「企画」とか「座組」ができると良いですよね。

これはプロデューサーの役目?なのかしらん?

職業名ごとに何やってる人なのかもう少し分かりやすくなると就活やキャリア設計がやりやすくなりますね。

 

 

 

だらだら書いたんでまとまってなくてよい文章とは言えないんですけど。

小説書きたい!シナリオ書きたい!物語つくりたい!って思いながら、マーケターとして仕事している、境目にいるひとからの報告でした。